認定薬剤師への転職ならエージェントで

認定薬剤師の申請

※求人サイトランキングはコチラ!

認定薬剤師になるにはしっかりとした手続きが必要になります。まず手続きをする前に研修などを受けて、条件を満たしておくことが必要になります。条件を満たすことができたら薬剤師研修協議会に提出していくことになります。この時に注意しておきたいのが、期限があるということです。研修会を受けるのは4年以内であり、4年以内にしっかりと条件を満たしておくことが重要です。そのため10年かかって認定薬剤師になるということは基本的なありえないことになります。

申請をしていき、認定薬剤師として認められて、認定証を渡されることで認定薬剤師になることができます。仕事や薬剤師としての責務を果たしながら、この段階まで行き着くにはやはりしっかりとした目的意識と高い志が重要になってくると言えます。

研修会を受けた証としてシールをもらうことになるのですが、それは規定の薬剤師研修手帳に張っていくことになります。これが研修をしっかりと受けたという証拠にもなり申請の時に提出していく書類の一つになると言えるでしょう。この研修手帳については購入することになり、日本薬剤師研修センターによって作られています。

認定薬剤師になる際に薬剤師手帳と、申請書というのを提出するのですが、申請書を作成する時には注意書きをしっかりと読んで、書き損じがないように注意をしておく必要があります。申請書を作成する時にミスがあってそこで認定薬剤師になれなくなるということはなく、申請書の書き直しや修正をすることでしっかりと申請をすることはできます。ただ、ミスがある分認定薬剤師になる時期は遅くなってしまうでしょう。ミスがないに越したことはありません。

認定薬剤師は、更新が必要になります。認定薬剤師の資格を取ったからと言って、何もせずにずっとその効力を利用することはできないので注意が必要です。3年というのが一つの基準になっていて、この間はしっかりと効力があることになります。3年を過ぎる前に更新が必要になるのですが、その更新をする時にも条件があります。この時も認定されている研修会にしっかりと参加をして、それを証明していくことが求められます。当然条件を満たすことができない場合、認定薬剤師の正規の効力を活用することはできなくなるので、そのような状況にならないようにする必要があります。

しっかりとした資格であるが故に、取得までの申請の手続きもしっかりとした段取りがあります。忘れないように行うことが大切です。

厳選!人気の薬剤師求人サイトはこれ!

リクナビ薬剤師

大手リクルートが運営する薬剤師求人サイトだから常に求人情報が更新されています。

三つのあなただけコンセプトに基づいて細かな希望までしっかりと考えてくれます。

急に転職が必要になってしまう場合でも安心。最短で3日、転職先が見つかります。

申し込みをした翌日にはいくつかの求人情報紹介してもらえるという迅速さ。

転職を考える薬剤師だけじゃなく、これから薬剤師になる学生もバッチリフォロー。

正社員以外にもパートやアルバイトで働ける職場を紹介してもらう事もできます。

もう少し高収入、残業は嫌などという条件でも、ピッタリの職場探しをする事ができます。

コンサルタントが一緒になって薬剤師のキャリアプランを考えてくれます。

リクナビ薬剤師はコチラ

マイナビ薬剤師

薬剤師の求人の中でも特に人気のある非公開情報の把握率が業界でもトップクラス。

大きな姿勢によって職場を失ってしまう薬を医師の就職支援にも力を注いでいます。

土日休み、残業なしなど、少しわがままに思えるような求人でも簡単に見つけられる。

CRAやCRC に興味ある人のためのセミナーを各地で開催しています。

常に公開されている薬剤師の求人情報が1万8000件で業界でも最大数を誇ります。

実際にマイナビ薬剤師を利用して転職した薬剤師は94%以上が満足だと答えています。

不安な事はコンサルタントがしっかりとフォローしてくれるから安心です。

首都圏以外の地方への転職もしっかりとカバー。Uターン定職にも役立ちます。

マイナビ薬剤師はコチラ

薬キャリ

薬剤師の求人情報の保有数が業界でも最大級だから、非公開もたくさんあります。

一つの求人情報だけでなく複数の求人情報の中から比較して決める事ができます。

一番早く転職が決まれば出申し込みからたったの3日スピーディーな対応が人気です。

求人情報を出している職場を丁寧に一件ずつリサーチしているから安心。

今すぐの転職から1年以内の転職まで、タイムラグがあっても紹介してもらえます。

年間で7000人の薬剤師が利用していることで知られる知名度とキャリアがあります。

キャリアチェンジを考える薬剤師の相談にもなってくれて、自分らしく働ける。

良い部分だけじゃなく悪い部分をきちんと教えてくれるから、職場選びに迷わない。

薬キャリはコチラ

>>すべてのサイトを含むランキングはコチラ
© 2012 認定薬剤師.com