認定薬剤師への転職ならエージェントで

精神科薬物療法認定薬剤師とは

※求人サイトランキングはコチラ!

精神科に通ってる患者というのは年々増えてきていて、現在では新規の患者を受け入れる事ができないほど忙しくなっている精神科もあります。先天性なものはもちろんストレスを抱えながら生活していく中で精神疾患に陥ってしまう患者が少なくなく、精神科を受診したいと思ってる人もどんどん増えています。

精神科では治療というのはカウンセリングなどを行う事もありますが、基本的には薬を使っての治療になっていきます。しかし、精神科の薬というのは、本当に細かな知識を持ってきてほしなければ患者にとってはとても大きな影響を与えてしまう事になります。良い影響を与えるのであればもちろんいい事なのですが、そうではなく、反対に患者が元々持っている良い部分を薬で抑え込んでしまったり、薬によって自分自身をコントロール出来なくなってしまうような患者がいたりする事は事実です。

またここだけの話ですが、精神科での処方される薬というのは薬一つ一つの薬価が、他の病気などで処方される薬に比べて高く、そんなに必要がなくても処方してしまうという医師もいます。患者の体の状態に合わせて適切な薬を処方して行く事が一番大切な事になりますが、この部分に対して専門的な知識を持っているのは精神科薬物療法認定薬剤師になります。

精神科病棟での入院患者に対しての処方する薬をもちろん、親戚に来る患者に対しての薬の適正を調べたり、問題があるようであれば医師と相談して処方する薬を変えていったりする事も必要になってきます。同じような症状の患者であってもその人がもともと持っている性格等によって薬の効果を違ってきて、そういった細かな部分に対して精神科で処方される薬の知識を専門的に持ち、誤った処方しないように常に研究を重ねていくというのが主な役割となります。

精神科薬物療法認定薬剤師の更新には、定められた単位の取得などがあり、精神科に関しての講習会へ参加をしたり、学会などでの発表を行ったりしていかなければなりません。常に向上心を持ち、精神科疾患に対しての知識のレベルとしては、医師や看護士と同等のレベルを持っていなければなりませんから、継続して精神科薬物療法認定看護師でいる事はとても大変ですが、しっかりと頑張って継続していくようにすればそれだけ収入につながってくるし、病院側からだけではなく、患者本人や患者の家族からの信頼度も高まり、また感謝される仕事です。

精神科は現在とても多くなっていますから、経験を積むため、及び勉強をしていくためには、薬剤師にとって、有利な状況になってきています。

厳選!人気の薬剤師求人サイトはこれ!

リクナビ薬剤師

大手リクルートが運営する薬剤師求人サイトだから常に求人情報が更新されています。

三つのあなただけコンセプトに基づいて細かな希望までしっかりと考えてくれます。

急に転職が必要になってしまう場合でも安心。最短で3日、転職先が見つかります。

申し込みをした翌日にはいくつかの求人情報紹介してもらえるという迅速さ。

転職を考える薬剤師だけじゃなく、これから薬剤師になる学生もバッチリフォロー。

正社員以外にもパートやアルバイトで働ける職場を紹介してもらう事もできます。

もう少し高収入、残業は嫌などという条件でも、ピッタリの職場探しをする事ができます。

コンサルタントが一緒になって薬剤師のキャリアプランを考えてくれます。

リクナビ薬剤師はコチラ

マイナビ薬剤師

薬剤師の求人の中でも特に人気のある非公開情報の把握率が業界でもトップクラス。

大きな姿勢によって職場を失ってしまう薬を医師の就職支援にも力を注いでいます。

土日休み、残業なしなど、少しわがままに思えるような求人でも簡単に見つけられる。

CRAやCRC に興味ある人のためのセミナーを各地で開催しています。

常に公開されている薬剤師の求人情報が1万8000件で業界でも最大数を誇ります。

実際にマイナビ薬剤師を利用して転職した薬剤師は94%以上が満足だと答えています。

不安な事はコンサルタントがしっかりとフォローしてくれるから安心です。

首都圏以外の地方への転職もしっかりとカバー。Uターン定職にも役立ちます。

マイナビ薬剤師はコチラ

薬キャリ

薬剤師の求人情報の保有数が業界でも最大級だから、非公開もたくさんあります。

一つの求人情報だけでなく複数の求人情報の中から比較して決める事ができます。

一番早く転職が決まれば出申し込みからたったの3日スピーディーな対応が人気です。

求人情報を出している職場を丁寧に一件ずつリサーチしているから安心。

今すぐの転職から1年以内の転職まで、タイムラグがあっても紹介してもらえます。

年間で7000人の薬剤師が利用していることで知られる知名度とキャリアがあります。

キャリアチェンジを考える薬剤師の相談にもなってくれて、自分らしく働ける。

良い部分だけじゃなく悪い部分をきちんと教えてくれるから、職場選びに迷わない。

薬キャリはコチラ

>>すべてのサイトを含むランキングはコチラ
© 2012 認定薬剤師.com